よちよち歩きの子供でも楽しめる!名古屋のでんきの科学館に行こう

にほんブログ村 旅行ブログへ

名古屋 子連れスポット でんきの科学館

子供は遊ぶこと・歩くことが大好き!

趣味はお散歩な1歳児

歩き始めの頃から、歩くのはよちよち、ふらふらしても歩くのが楽しい!!

というお子様をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

息子もお散歩が大好きで朝・昼2回お散歩&公園です。

 

きっと歩けなかった時は、お外だとベビーカーか抱っこ紐だったので、

歩けるようになると自由に行動ができて、

言葉や自我の発達とともに「自分でする」ことへの興味ややる気がすごい時期なんだと思います。

 

とはいえ、夏場は大らかな気持ちで見守ろうと思っても暑すぎて抱っこしてしまったり、

冬は寒すぎて…子供とお散歩をしているととりあえず葉っぱは触るし、石は拾うし、はやくお家に帰ろうが口癖になってしまいそうです。笑

本当はダメダメ言いたくないのでのびのびと育てたいんですが、

ついつい…言ってしまう時ありますよね…。

夏と冬におすすめの名古屋の遊び場をみつけたのでご紹介させてください!

名古屋市 でんきの科学館

でんきの科学館とは

中部電力が運営している電気やエネルギーについて、お子さまといっしょに楽しく学べるコンテンツや、実際にさわって学べる展示館です。

立地はありがたい中心地の伏見駅。

4階建ての無料科学館です。

場所はどこにあるの?

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄二丁目2番5号

地下鉄の東山線・鶴舞線「伏見」駅4番出口から東へ徒歩2分。

ベビーカーをご利用の方は伏見駅には1つしか地上まで上がれるエレベーターはないので遠くなってしまいますが、北改札の10番出口 名古屋インターシティのエレベーターをご利用下さい。

開館情報

  • 開館時間:9時30分~17時
  • 休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、第3金曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、ただし、夏休み・春休み期間中は無休
  • 入館料:無料

1階 エントランス

電気の科学館の中に入るとタリーズコーヒーがあります。1階には、総合受付カウンターがありフロアマップをいただけます。記念写真用の顔はめパネルはありますが、特に展示はないのでそのまま上の階に上がりましょう。

2階 電気の発見・サイエンスプラザ

2階に上がってすぐに触ると電気が集まってくる展示があり大人もテンションが上がってしまいます。

真ん中の丸いボールを触ると面白いですよ!

電気の発見コーナーでは未知の電気に挑み続けた科学者たちを学べます。

1歳の息子はこのコーナーが大好きでひたすらぐるぐると回転させて電気をつけたり、ボタンを押して楽しんでいます。

サイエンスプラザは訪れた際社会見学の学生さんがたくさんいたので写真はありませんが、こちらは大人向けです。

(机の上から覗き込みながら楽しむ展示が多いため子供は抱っこしないと見えません)

昔流行ったいらいら棒などがあり大人は楽しく遊べました。

3階 電気の旅・地球とエネルギー・オームシアター

電気の旅コーナーでは床に飛行機の絵が書いてあるので、喜んでその上をぐるぐる歩いていました。

また「新エネの扉」という展示はスクリーンに自分たちが映し出されて、空を飛んだ状態でクイズに答えるものがあります。

割とマニアックで難しい質問で私は間違えまくり、息子はとりあえず自分がスクリーンに映っていることを楽しんでいるという状況でした。笑

地球のエネルギーはリニューアル工事中です。

夏に行った時にはこのコーナーが一番楽しんでいたので完成が楽しみです!

また完成したら遊びに行って追記させてくださいね。

 

オームシアターは350インチの大画面でいろんなクイズやゲームを楽しめるようです。

こちらにつきましてはまだ1歳ということもあり参加はしませんでした。

幼稚園児くらいになったら参加してみます!

4階 ふしぎのくに・学習ひろば

ここにはキッズコーナーがありました!

気になっていたマグフォーマーがあるので息子にさせてみたのですが立体を作ることはまだできませんでしたが、ひたすら重ねて、それをまたひとつずつ磁石を外して…と楽しんでいました。

最近こういうキッズコーナーだとすぐに脱出してしまうのですが全然出てこず集中してくれていました。

学習コーナーには電気に関する本がたくさんあります。

このコーナーは床が絨毯なので歩き始めの子供にはとても助かります( ;  ; )!

まとめ

正直1歳にはまだ早い展示内容です。

しかし自分がぐるぐると回すことで電気がつくということを学んだりできるのはいい経験になると思います。

大人も結構楽しめる展示内容なのでぜひ行ってみてください!

そして冷房暖房完備なので、ベビーカーでずっと乗せているのはかわいそうだな、歩かせたいなと思ったらぜひ行ってみてください。

 

 

コメント